📅 ⏰  12 分で読めます

吉田智哉とは?

こんにちは! どうも、吉田智哉です。  唐突ですが、私の自己紹介をしますね。 岩手県盛岡市でweb系エンジニアとしてリモートワークしています。 ソフトウェア開発会社を起業して、...

こんにちは!

どうも、吉田智哉です。

唐突ですが、私の自己紹介をしますね。

岩手県盛岡市でweb系エンジニアとしてリモートワークしています。

ソフトウェア開発会社を起業して、 東京の開発案件を請け負ったり、 オンラインのプログラミングスクールを運営しています。

地方だと大きい家に住めるので、自宅の一室を仕事部屋にしています。

desk

自宅だと自分の好きなように仕事環境を整えることができます。 しかも通勤時間はゼロ。 空いた時間を家族と過ごすことができています。 まだ子供が小さいので、幼稚園への送迎や、仕事を早めに切り上げて公園に遊びにいったりしています。

住んでいる場所から車で1時間圏内にスキー場が7つ!もあるので、 冬シーズンの週末はほとんどスキーにいっています。

今ではパソコンさえあればどこでも働けるようになりましたし、 毎月安定して3桁稼げるようになったので、お金の不安もなくなりました。

私は始めからこのような人生を送っていたわけではありません…

実際は今とはかけ離れていました..

とりあえず入れるところに入った新卒採用

私は10歳からテニスをはじめてからというもの、テニス漬けの生活でした。 12歳で東北地方ではナンバーワンになって、全国大会でベスト16に入ったこともあります。 さらに上を目指すために高校から親元を離れて東京に上京しました。

大学でも体育会に入ってほとんど勉強せずにテニス漬けの生活でした。 強豪校に入ったので周りは自分より強い選手ばかり。 インターハイ優勝や準優勝、ベスト4は当たり前のような環境です。 プロを目指していたのですが挫折。 将来のことはあまり真剣に考えていませんでした。 全然勉強していなかったので、新卒採用はコネで入れる会社に入社。 「給料がよさそう」という理由で製薬会社にしました。

実際給料は良かったです。 画期的な新薬の販売を担当していたので、やりがいもありました。 しかし毎日、接待や飲み会ばかりで心身ともに疲弊していました。 考える暇もないくらい忙しければよかったのかもしれませんが、 製薬会社の営業職というのは、医師に面会して営業するので 車で移動していろいろな病院にいきます。

病院にいっても医師の方にすぐ会えるわけではありません。 医師の方々は忙しいので、病院で何時間も待つことがあります。 緊急の手術が入ったり、急患が来たりするので病院にいったからといって 必ず会えるわけではありません。

車で2時間かけて病院にいって、病院の廊下で2時間待機して、結局面会できずに 2時間かけて帰宅、そして飲み会ということもありました。 この空白時間に色々とネガティブなことを考えてしまうんですよね。 「今日一日なにやっていたんだろう」「このままでいいんだろうか」 この空き時間が最高に辛かったです。 4年間は頑張って働いてみたのですが、限界に。。。 全国転勤の会社でたまたま地元配属になったのですが、そのまま地元に住みたいと 考えるようになっていました。

地元の企業に転職したのですが、給料は半分以下になってしまいました。 製薬会社の営業職のときは長距離運転の合間に、眠気覚ましと気分転換を兼ねて 自動販売機で缶コーヒーを毎日買っていました。

でも給料が半分以下になってしまったので、缶コーヒーを気軽に買うこともできません。 数百円の買い物に躊躇するようになってしまいました。

年功序列の会社だったので、いくら頑張っても昇級基準より給与がアップすることはありません。 営業ではパフォーマンスに応じてボーナスが変動したので、働き甲斐がありました。

首都圏と同じくらいの水準で稼ぐことができて、やりがいのある仕事を地方でもできないか考えるようになりました。

独学でプログラミングを学ぶが挫折

ネットでいろいろ調べ物をしてみると、プログラミングを学んでエンジニアになれば 地方にいながらでも東京の企業に就職したり、東京の案件を請けることができるというのを知りました。 プログラミングを学べば理想の生活が手に入るかも!と思い、本屋に行って数時間かけてよさそうなプログラミングの本を選び買いました。

大学時代に親に買ってもらったパソコンでやってみたのですが、 エラーばかり起きてしまって1ページ進めるのに1日かかったこともありました。 さすがにこれは非効率だと思い、誰かに教わったほうがいいと思いました。 さらにネットで調べ物をしてみるとプログラミングスクールというのがあることを知りました。

このまま缶コーヒーすら気軽に変えない人生は嫌だったので、すぐに申し込みをしました。

プログラミングスクールに通う

スクールではカリキュラムが決められているので、そのカリキュラムを一直線に進めるだけで必要な知識を身に着けることができました。 以前の私のように本屋にいって数時間かけてよさそうな本を選ぶ必要もありません。 自分で選ぶ場合は数時間かけて選んだとしてもそれが本当にいい本なのか、学ぶ順番として正しいのかわかりません。 そして困ったことがあればいつでも質問をして回答をもらうことができます。 自分一人で学んでいるとたったひとつのエラーの解決に数日間かかったこともありました。 スクールならすぐに解決することができます。

エンジニアに転職

約1年間の学習をして無事、エンジニアに転職することができました。 はじめこそ、地元企業と同じくらいの給与でしたが、毎年給与が上がっていくので数年で製薬会社の営業職と同じくらいの給与をもらえるようになりました。

今では月3桁を安定して稼ぐことができています。

もし、あなたも場所とお金の自由を手に入れたかったらエンジニアになってみませんか?

開発経験

  • Webサービス全体のアーキテクチャ設計、構築経験
  • RubyでのWebアプリケーション開発、バッチアプリケーション開発経験
  • AWSのSES,SQSを用いたバウンスメール処理
  • devise gemのカスタマイズ
  • Serverless Framework
  • AWS CloudFormation
  • Railsアプリケーションのパフォーマンス向上
  • React
  • capistrano
  • EC2 capistrano からECSへ移行
  • AWS ECSの運用経験
  • Ruby gemのcontoribution(devise,devise_token_auth,active_hash,hamlit-rails,letter-opener-web etc..)
  • vue,nuxtjsを用いたSPAアプリケーションの開発
  • 開発環境の構築をすべてdocker化(rails,react,nuxtjs)
  • 本番環境のdocker移行
  • sinatra x Dockerを用いたマイクロサービスの構築
  • railsバーションアップ(4系から5系)
  • railsバージョンアップに伴うテストコードの充実
  • 途中参画の開発のバグの調査と修正(複雑なコードでも読み解きバグ原因を探り当てます)
  • 大規模なデータベース変更
  • パフォーマンス改善(3時間のバッチを10分以下に短縮した実績あり)
  • 10個以上のマイクロサービスからなるシステムの開発
  • gemの開発

今まで経験したプロジェクト

  • 日本最大級のオンラインスクールの開発
  • 自社プログラミングeラーニングシステム開発
  • プログラミングキャンプ教材開発と講師
  • スマホアプリお買い物SNSのAPIサーバ構築
  • 退職者向け会員サイトをWordpress->Railsにリプレース
  • 介護事業者集客フォームシステム開発
  • 介護事業者集客システムからCRMに登録するETLシステムの開発
  • 介護事業者向けコミュニティサイト開発
  • おすそわけECサイトのAPIサーバ開発
  • イベント管理システムの開発
  • 看護師向け情報サイト開発
  • VR物件内覧システムのサーバーサイド開発
  • vue,nuxtjsでSPAアプリケーションの開発
  • マルチテナントアプリケーションの開発(postgres schema, mysql)
  • NestJSを用いたBFFの開発
  • Golang x Next.jsでLMSアプリケーションの開発
  • 証券会社スタートアップでGolangを用いた基幹システムの開発
    Share:
    エンジニアとしてフルリモートワークで8年生き残るための技術スタック

    エンジニアとしてフルリモートワークで8年生き残るための技術スタック

    こんにちは。吉田智哉です。 岩手県盛岡市に住みながらエンジニアとしてフルリモートワークで東京の開発案件を請けてます。 気が付くとこの働き方で8年間も経過していました。 8年生き残ることができた技術スタックをシェアしたいと思います。 今までの8年間で、これから先はどうなるかわかりま...

    zoomで自分の画面共有をしながら他の画面共有を見る方法

    zoomで自分の画面共有をしながら他の画面共有を見る方法

    プログラミングブートキャンプをオンラインで運営しているのですが、 zoomを使っています。 運営側、つまり私の画面を共有して実際の操作の様子を見ていただきながらやってます。 テキストだけよりもライブでやったほうが圧倒的にわかりやすいですからね! 最近はこちらの様子だけでなく、キャ...