📅 · misc ⏰  3 分で読めます

zoomで自分の画面共有をしながら他の画面共有を見る方法

プログラミングブートキャンプをオンラインで運営しているのですが、 zoomを使っています。 運営側、つまり私の画面を共有して実際の操作の様子を見ていただきながらやってます。 テキストだけよりもライブでやったほうが圧倒的にわかりやすいですからね! 最近はこちらの様子だけでなく、キャ...

プログラミングブートキャンプをオンラインで運営しているのですが、 zoomを使っています。 運営側、つまり私の画面を共有して実際の操作の様子を見ていただきながらやってます。 テキストだけよりもライブでやったほうが圧倒的にわかりやすいですからね! 最近はこちらの様子だけでなく、キャンプ生の皆さんにも画面共有をしてもらってます。 でも、画面共有をすると他の人の画面共有が見れなくなる現象が発生したので、その解消方法です。

zoomをアップデートする

まずはzoomをアップデートします。 以下のzoom公式のダウンロードサイトからダウンロードして、再インストールしてください。 zoomをアップデートできます。 https://zoom.us/download 現状だとZoom Workplace デスクトップアプリをダウンロードすればOKです。 ※この手順を踏まないと設定項目が出ないので必ず行ってください。

設定を変更

zoomをアップデートしたら、zoomのクライアントアプリを起動します。 画面右上の⚙マークをクリックして、画面共有の設定から 「画面を共有している時に他の参加者に自分のZoomウィンドウを見せる」にチェックを入れます。

zoom setting

画面共有を切り替えられるようになる

上記手順を踏むと画面共有を切り替えられるようになります!

change share screen

これでキャンプ生側からすると、 講師の画面を見ながら自分の画面を共有することができます。 講師側からすると自分の画面を共有しながら、キャンプ生の画面を見て様子を確認することができます。

もしあなたが本気でエンジニアになりたいなら、オンラインのブートキャンプに参加しませんか?

未経験からエンジニアになるためのオンラインブートキャンプ

    Share:
    エンジニアとしてフルリモートワークで8年生き残るための技術スタック

    エンジニアとしてフルリモートワークで8年生き残るための技術スタック

    こんにちは。吉田智哉です。 岩手県盛岡市に住みながらエンジニアとしてフルリモートワークで東京の開発案件を請けてます。 気が付くとこの働き方で8年間も経過していました。 8年生き残ることができた技術スタックをシェアしたいと思います。 今までの8年間で、これから先はどうなるかわかりま...

    リモートワークを夢見てエンジニア転職を目指す人の9割は何もしなくても勝手に9割が脱落するので、あなたは続けるだけで勝てる

    リモートワークを夢見てエンジニア転職を目指す人の9割は何もしなくても勝手に9割が脱落するので、あなたは続けるだけで勝てる

    プログラミングキャンプに参加した 私がエンジニアになるきっかけになったプログラミングキャンプの参加者は約10名で、そのうち2人だけが今もエンジニアを続けています。 そのうちの一人はもともとエンジニアで、Sler系からweb系にキャリアチェンジをしました。 もう一人は私です。 他の...